NEVER EVER SEEN

海外の旅・ライターに関する情報を書いていきます

好きな人に「ブス判定」くらった私が7kg痩せるまでにした5つのこと

 

f:id:ayc345c:20170823232842j:image 

女性の皆さん、「痩せたい」ですか?

 

ダイエット中のみなさん、「今回こそ痩せる!」と今までに何回そう誓いましたか?

 

今回は同じように「痩せたーい」と思ったわたしが実際に7kg痩せるまでにした5つのことをご紹介します。痩せようと思ったきっかけも最後にちょろっと書いてるからみてください!

 

 

炭水化物ばかりの食生活で太った@海外

f:id:ayc345c:20170823232910j:image

 

そもそもなぜダイエットを決意したのか?

 

それは「この1年間で6kg太ったから」です。

数字にすると恐ろしい。

 

太ったのは2016年の1年間。わたしは2016/5から2017/4、GW直前までバックパッカーで世界一周をしていました。途中3ヶ月の一時帰国をはさむので、計6ヶ月。太ったのはその旅の間です。

 

念願叶った世界一周。内定を蹴ってスーツを捨ててまで決意した世界一周。ふつうならウキウキで浮かれるはずなのに、わたしは6kg太って後半テンションだだ下がりでした。自業自得。

 

しかし!太ったのには原因があります。

 

旅中に

・お金がなさすぎて安い食事(炭水化物)を求める

・お金がなさすぎて「食える時に食っとけ精神」が芽生える

・お金がなさすぎて自炊するけど必然的にパスタになる(日持ちする&バックパックに収納しやすい)

 

結論→金。世知辛い世の中!

 

自炊する方ならわかると思うんですけど、炭水化物って安いんですよね。お米、パン、パスタ……。この価格設定、まさかの世界共通でした。ヨーロッパとか物価高すぎて、ずっと食パンほおばってました。5日間いたフランスでフランスパンしか食べてないです。くち、パサパサやで。

 

というのも、わたしは世界一周出発時は20万円しかなく(普通は150万くらいかかる)、どうしても削れるところは削りたかったのです。お金がないまま飛び出したのには理由があるのでまた今度。

 

と、そんな食生活を送っていたら、あれよあれよと6kg太っていました。

もう書きますけど、156センチで最高62kg。もともと太っていたのがもはや豚。

日本という養豚場から飛び出して、海外でさらに立派な豚になりました。

これを知ったのは旅終盤で、久々に体重計と遭遇してはかって絶望しました。

 

というか、働いていた頃から比べると実は10kg太ってますね。

 

そうして帰国前にダイエットを決意する出来事があり、GW前に無事に帰国。ダイエットしましてひとまず3ヶ月で7kg落としたのです。と、いうわけで今回はそのときにやったことをシェアしていきます!

 

 

 

7kg落とすためにした5つのことー30日スクワット最強説

f:id:ayc345c:20170823233224j:image

 

ここからは帰国してからこの3ヶ月間で行ったこと!

ジャンルはメンタル面3つ、食事面1つ、運動面1つです。

 

体重の変遷ですが、

1ヶ月目3kg→2ヶ月目2kg→3ヶ月目2kgというペースでの減量です。ご参考までに。

 

 

 

その1:徹底的に落ちこむ

f:id:ayc345c:20170823233017j:image

 

待って、まだ離脱しないで。ここ大事です。

 

わたしは帰国してから10日ほど、この事実に落ち込みました。

「いやいやいやあかんやん…もう外出られへんで…」って。

 

ここは世界一きれいな国・日本。女の子もみんなきれいです。細いです。

さらには帰国したことでくる友だちからのお誘い。

嬉しい反面「この姿のままじゃ行けへん…」とクヨクヨしていました。

 

一見意味のなさそうなこの落ち込み期間。

わたしはとてもよかったと思います。

 

自分を直視できたからです。

 

だって、痩せたいけれど「別にいいか」って思ってるから本気にならないんでしょ?

「ほんまにこれはあかん!」って、緊急性を感じてないから痩せないんでしょ?

 

痩せたいけれど痩せない。それは痩せる必要性を本気で感じてないからです。

 

わたしはこの落ち込み期間に「なんで痩せたいと思ったのか」を考えました。

というのも、わたしのきっかけである出来事が本当にショックで悲しくて、でも自業自得で、なんだかよく分からなくなっていたからです。

 

このふわふわした悲しみの中でもダイエットを決意してもきっと達成しない、と。

だから徹底的に落ち込んで、「なんで悲しかったのか」「なんで痩せたいと思ったのか」考えました。

 

このとき考えたことが結果的にモチベーションになりました。

ちなみにそれは「きれいになってから元・好きな人に会って一発くらわせる」です。

 

 

その2:自撮りの鬼になれ!!!

 f:id:ayc345c:20170823233039j:image

 

 

待って、ナルシストじゃないです。これも大事です。

 

正確にいうと「顔を自撮りで確認」&「鏡で自分の体の現状把握」をしました。

 

鏡で自分を見ると、太った場所がわかりました。

 

「あー二の腕めちゃくちゃ太くなってる」

「太ももこんなに肉ついてた?!!」

「あ、でもくびれは生き残ってる」などなど。

 

顔も肉がついていたので、自撮りモードにして確認。

 

このとき太った場所の確認だけでなく良いところも見つけるといいかな、と思います。

わたしはくびれが生き残っていることを発見したのでくじけそうなときはくびれを見つめました。

 

これでわたしは

「二の腕と太ももが太ったからまず痩せる」

「お腹は時間かけて痩せていこう」

ということを決めてそれに効果のあるダイエットをはじめました。

 

 

その3:サラダチキンのお世話になる

 

f:id:ayc345c:20170823233102j:image

 

はい!ここからやっと実践編です!

 

まず食事ですが、「サラダチキン」食べまくりました。

もうすでにやった人も多いかと思います。でもこれ本当に満腹になります。

 

わたしはお昼ご飯に取り入れていました。

お昼は出かける日以外は絶対

 

サラダチキン

野菜サラダ

 

というメニューにして白米は食べない(夜は白米食べたよ)。タンパク質をきちんと摂取するためです。

 

あとは朝ごはんに絶対チーズ食べてました。

胸を落としたくなかった(欲望)。

チーズは一見太りそうな食べ物ですが、太らないです。

 

お昼のみこのメニューにして朝と夜はほとんど自由。

そのおかげで続けられました。

サラダチキンもいろいろな味があるので飽きないです。

 

 

実は食事に関して、はじめの1週間は糖質制限をしていました。

おそらく効果はあったのですが「食欲がなくなった」のですぐにやめました。

 

なぜか糖質制限中、本当に何が食べたいのか分からなくなったんです。あとお腹が空かなくなりました。何も食べたくない。物事に対するやる気もわかない。

 

「これはやばい」

そう思って1週間後から夜のみ白米を食べるようにしたら、また通常通りお腹が空きはじめました。

 

糖質制限は合う合わないがあると思います。だからやってみて「体がおかしい」と思ったときはやめることをおすすめします。合う人は続けてね!

 

 

その4:30日スクワットをする

f:id:ayc345c:20170823233307j:image 

はい!今回の目玉!要注目!!!!!

 

30日スクワット、ご存知でしょうか?

海外発祥のダイエット法です。

 

その名の通り、30日間スクワットするだけ。

 

最初は1日30回からスタート、1日ごとに5回ずつ増やします。3日に1回はスクワットしない日をつくって休憩。最終的には150〜200回近くスクワットをすることになります。筋トレに近いですね。

 

これはまとめて夜に30回一気にやってもいいし、1日の中でこまめに何回かに分けてやってもいいです。とりあえず1日の中でその日の目標回数クリアすればオッケー!

 

最初は難しそうに感じますが、毎日ちょっとずつ続けていると慣れてきます。今わたしは80回くらいは楽勝になりました。

 

そしてこれは効果がすごい。わたしは始めて1週間でお尻と太ももがキュッとなりました。

デニム履いたときにいつもと違ったんです。「あれ?履きやすいぞ……」と。

 

分からなかったら「30日スクワット」で調べれば出てきます!

中にはこれだけで1ヶ月で5kg痩せた人もいるそうです。

 

 

その5:友人に宣言しまくる

f:id:ayc345c:20170823233324j:image 

はい最後!友人にもダイエットすることを宣言しました。

といっても数人ですが、このときはタイプの全然ちがう友人たちにそれぞれ宣言しました。

 

1人は何をやっても「いいやんいいやん」と応援してくれる友だち。

もう1人は基本はわたしの味方やけど言うときはズバズバと物を言う友だち。

さらにもう1人は「一緒にダイエットする!」と言ってくれた友だち。

ちょうど3人に合う予定がこの3ヶ月で交代にあったので、その都度報告していました。

 

これ、結構大事だと思います。

わたしは見栄っ張りなので「言ったからには引き下がれへん」と頑張る理由にもなりました。ありがとう友よ。

 

 

 

以上!この3ヶ月で行ったことです。

意外に簡単でしょ?

実はわたしは初めてこんなにダイエットを続けることができました。

その理由をこれから説明します。

 

 

 

ダイエットのモチベーションは「見返すこと」

 f:id:ayc345c:20170823233353j:image

 

それはさかのぼること少し前。

楽しく旅をしていたわたしは旅中に気になる人ができます。

とある国で出会ってその国で一緒に遊ぶようになります。

 

「わー気になるー」

と思ったのもつかの間、わたしはこんな一言をくらいます。

 

「お姉さんあれだよね、もうちょっとかわいくなったら?笑」

 

( ´∀`)………撃沈。しばくぞ

 

厳密に言うとブスと直接言われたわけではありません。

ただこの一言をきっかけに、一緒に遊ぶ間ずっと顔や体のことでいじられ続けるようになりました。あと大人数でいるときは何かしら汚れ役になりました。いじられる芸人さんポジション。

 

「お姉さん色黒いよね」

「日本でもそんな格好なの?」

「黒人とかとしか結婚できないんじゃない?」(黒人さんに失礼である)

 

他の新しい人と出会うと

「こいつこんなやつだから」

いやいやなんでお前が言うねん。なんでやねーん。

 

おいしいけれど、友だちとならおいしいけれど、気になる人に言われるのはつらかったです。

 

言い訳を少しすると、旅中って「普段通り」ができにくいです。

服や化粧品を持っていくけれど持っていけるものには限界があるので、やっぱり日本にいるみたいにはできないです。

あと中南米なんかは日本みたいにきれいな格好でいるとお金を持っていると思われて強盗に狙われやすい、そんな話を聞いていたので我慢。

 

そのいつも通りではない中で言われたことが余計にショックでした。

 

あとアパレルをしていたので日本では服・化粧は一通りしますが、旅中くらい気にしたくなかったです。服も販売自体も好きだったけど仕事中はずっとキラキラしていなきゃいけなくて、旅に出てそれが自由になって、私は少し楽でした。

 

ずっと好きになれなかった自分をやっと好きになれそうな中で、そう言われるのはつらかったです。

 

とまあ落ち込みつつ、結局は体重管理できなかった自分が悪い!

痩せたろうやないか!!!!

と思い立ち、ダイエットを決意したわけです。

 

そのときに決めたことが

「きれいになってから元・好きな人にまた会って一発くらわせる」です。

 

ダイエットにおいてモチベーションをどこに置くか?は本当に大事です。くじけそうなときに自分を押し上げてくれます。一歩先へ運んでくれます。わたしもくじけそうなときは「あいつに一発くらわせるまで死ねんわ」と思って頑張りました。

 

あと、「この華の20代をこんな体型で過ごすん?!!」とも思いました。嫌でした。

 

 

当時は落ち込んだし他のかわいい女の子と比べられるし悲しいし悔しいし、とめちゃくちゃでしたが、今となっては良かったなと思います。たぶんあのとき悔しい思いをしていなければ、ダイエットしてないです。腹たつけれど、あのときあの一言を放った元・好きな人と一緒になって笑った女の子には感謝しています。

 

まだ道半ばですが、あと5kgは痩せたいのでまだまだこれから頑張ります。

 

 

あと最後に。

「痩せたい」って思うなら痩せたらいいです。一緒に頑張りましょう。

 

でも「別に痩せなくていいかな」とか「今の自分でも好き!」と言うのなら、ダイエットなんてしなくていいです。そのままで大丈夫です。

 

というのも、東アジア、特に日本だけです。女の人がこんなに痩せているのは。

欧米圏ではボンキュッボンのグラマラスな、でもぽっちゃりもしている人がたくさんいました。彼女たちはみんな体型のことなんて気にしていません。男性も彼女や奥さんが太っていても気にしません。アフリカなんて、太っていれば太っているほどモテるのです。体型に関する価値観なんて、いろいろです。日本がちょっと、いき過ぎているのです。

 

わたしは旅で、日本が見た目に関して厳しすぎることを知りました。

日本人は痩せすぎです。

 

だから、細ければいいというわけではなく

「自分が自分を好きでいるかどうか」

これがいちばん大切です。ここを基準にしてほしいです。

 

渡辺直美さんとか超カッコいいじゃないですか。

ああいう感じです。

 

でも、わたしは太っている自分は好きにはなれませんでした。

だって、大好きな服がきれいに着れなくなったから。

 

あと、上記のようなことを言いつつも日本にいる限りはやっぱり体型で評価される場面もあります。だからわたしは「日本に住む」と決めた以上「人から対等に扱ってもらえるように」という意味でもダイエットしました。

 

自分の軸は大事です。ここだけはしっかりと持ってください。

「太っているから」それだけで人を見下す人の相手はしなくてもいいです。

自分で自分を好きになれる状態でいること。これがいちばん大事です。

 

 

最後にーしんみりしたけど痩せたら自信が出たよ!

f:id:ayc345c:20170823233440j:image 

長くなりましたが、以上が7kg痩せるまでにしたことです。

メンタル面を徹底的に鍛えてから取り組むのが個人的にはおすすめです。

30日スクワットは本当に1週間で効果が出ます!騙されたと思ってお試しください。

 

「自分が自分を好きになれるかどうか」

そのラインでどこまで痩せるか考えましょう!

 

 

余談:もう今は同じく旅で出会った韓国人に夢中なので元・好きな人への気持ちはありません。韓国人との出会いはなんとウユニ塩湖!ロマンチック!こっちに向けて頑張りまーす( ´∀`)

 

以上!ここまで読んでくださってありがとうございました。

痩せたい女性のお力になれますように。

 

次回予告→「約200日の旅で死んだ肌を1週間で蘇生させた方法」