ちきスタイル

旅で使えるコスメや節約について書いています。旅中だってかわいくいたい!

ラオスの印象~ちびっこと改善点編~

※※現在地はベトナムホーチミン※※
 
前回の記事に引き続き、
ラオスの印象を綴っていこうと思います。
今回は文章のみです~
 
前回記事はこちら。
 
目次はこちら。
今回は④と⑤です!
 
【目次】
ラオスの印象
ラオスの良いところ
ラオスのもったいないところ
④ちょっと疑問に思ったこと、ちびっこたちについて
⑤自分なりに考えた改善方法
 
 
~④ちょっと疑問に思ったこと~
 
ざっくり言うとこれです。
 
・子どもが多い
・そしてそのほとんどが働いている
 
そう思い始めたのはルアンパバーンで宿泊した時。
家族経営のゲストハウスに泊まりました。
 
長男らしきお兄ちゃんが受付・ゲストとのやり取り、
長女らしきお姉ちゃんが洗濯・掃除など、
次女らしき女の子がお姉ちゃんのお手伝い
という感じでした。
家族経営自体はめずらしいことではないし、
特に気にも留めませんでした。
 
なんとなく、平日なのになあと思いつつ・・・。
 
2日目くらいから、街を歩いていると
子どもを見かけることが多いなあと思い始める。
学校行ってないのかなって。
 
でも街中に小学校は存在していた。
 
 
そして首都・ビエンチャンに行ったとき。
そこで泊まったところも家族経営でした。
そこは女の子4人とまだ3歳くらいの男の子1人。
あとお兄ちゃんもいたっぽいけど手伝ってるかは謎。
 
女の子のうち2人は20歳前後やけど・・・
あとの2人確実に7歳くらい。
でも朝食サービス・洗濯とかを手伝ってた。
 
 
たぶん、こうやって手伝って働くことが普通なんだろうなあって。
お姉ちゃんたちももしかしたらそうしてきたのかもしれない。
 
学校行ってないけど、
仕事のために必要だから英語は喋れる。
なんだか不思議な光景だった。
 
 
~⑤私なりに考えた改善点~
 
前回記事でも述べましたが、、、
“知る”
これが大事なんじゃないかなあって。
 
学校へ行って学ぶという道があること、
商売のやり方を知って学ぶこと、
かな?
 
なんか深い問題のような気がして
文章にするのは難しいけれど。
そうしたらラオスの人らしく、
もっと堂々とするのかな、っていうことを考えたのでした。
 
 
次から旅日記戻ります~