とりあえず行くことにした。

23歳の春、有り金握りしめて世界一周へ。やりたいことできるって証明したくて。

ラオスの印象~ざっくり編~

※※現在地はベトナムホーチミン※※
 
現在地はベトナムホーチミン
ですが、4か国目のラオス
いろいろ疑問に思ったことがあるので、
それを書き記しておこうと思います。
 
f:id:ayc345c:20160711012319j:image
 
【目次】
ラオスの印象
ラオスの良いところ
ラオスのもったいないところ
④ちょっと疑問に思ったこと、ちびっこたちについて
⑤自分なりに考えた改善方法
 
 
まずは③番まで書きます!
 
 
~①ラオスの印象~
ざっくり書くとこんな感じ。
 
・塗装されていない道路
・物価、特に食事が意外に高いかも
・ゲストハウスは安い
・のんびりしている
・映画『ALWAYS 3丁目の夕日』のような雰囲気
・子ども(1、2歳から6歳くらい)が多い
・男の人があまり働いていない
 
まず、道路が塗装されていない赤茶色の土。
でこぼこの道。ガタガタと激しく揺れるバス。
「ああほんとの途上国に来たんだ」と実感させてくれました。
公共交通機関もありません。
電車がラオス内で通っていないので、
移動は基本トゥクトゥクか高速バスです。
(タイ・バンコクから首都・ビエンチャンまでは電車があります)
 
物価は東南アジア内では高いかも。
ゲストハウスは安い。
1泊5ドル前後が多い。ありがたい。
 
雰囲気はのんびりしてる。
人も素朴で客引きも少なくてしつこくない。
はにかみ屋さんが多い気がする!
基本親切。やわらかい。
 
あとは何よりも、ちびっこが多い!
いたるところにいるし、
泊まったゲストハウスにもそこの子どもが
必ず3、4人ほどいる。
かわいいんだなこれが。
 
そして働いているのはだいたい女の人。
男の人はゲストハウスかトゥクトゥクのドライバーか。
けっこう賭けとかして遊んでる人が多かった。
 
 
~②ラオスの良いところ~
やっぱりのんびりしてるとこと。
タイとか結構ガヤガヤしているので、
途中で訪れるのにいいなーという国。
チェーン店などのお店も少ないので、
なんだか新鮮だった。
 
 
~③ラオスのもったいないところ~
これがいちばん書きたかったこと。
 
・観光客にこびている
・お店の人はすぐ値下げする
・お店の差別化をしていない(知らない?)
 
これは特にルアンパバーンで思ったこと。
 
ルアンパバーンは町の中心に
サンドイッチ&フルーツシェイクのお店がずらーっと並ぶ
広場のような場所があります。

f:id:ayc345c:20160711012442j:image
 
メニューはほぼ同じ。
ということは、観光客からしたら
サンドウィッチが食べれれば別にどこでもいいわけです。
 
と、なると、
どうしても端っこの広場の入り口のお店によく人が来たり、
真ん中のお店はなんだかぼやけてしまったり。
 
一応お店の人たちは呼びかけ的なものをしています。
でもほとんど一緒。
「Hello(その国の挨拶をしたり。私はだいたいアンニョハセヨと言われた・・・)」
「Sandwitch?」「ミス!ミス!」と呼び止めようとしてきます。
でもその呼びかけは全部一緒なので、
お店の違いはわからないのです。
 
1件だけ、クレープやフレンチトーストを置いているお店もありましたが、
普通の看板(「Crape」とか)を掲げてるだけ。
しかも他と同じ真っ白の看板なので、
近づかないとわからない・・・
 
めちゃくちゃもったいないなあと思いました。
 
ではなぜそうなるのか。
“差別化”を知らないからです。
 
私は販売をしているときよく考えていました。
「うちのお店に来てもらえるにはどうしたらいいんやろう」
特に去年までの販売時代にめちゃくちゃ考えました。
店長・社員さんにもよく言われました。
 
というのも、去年私が働いていたのは時計屋さん。
近隣には同じ系列店舗はもう一つ。
ターゲット層がちがうのでおいているブランドなども違うのですが、
お客さんから見れば同じ時計屋さん。
どっちでもいいわけです。
 
加えてほかにも、
百貨店の時計売り場、
値下げが売りである時計屋、
雑貨屋(女性用の時計を2000円前後で販売)などなど・・・
ライバルは無数にいるわけです。
 
じゃあどうするのか。
各時計屋さんの“売り”は何か、
それを探っていました。
 
ほかの店舗の“売り”を知ることで
自店舗の売りも見えてくる。
 
あとは個人個人の+aのサービスとかも、
あるんですけど、まあそれは置いといて。
 
ラオスの場合はこのクレープなどを置いているお店。
確実に差別化できますよね。
ここはサンドウィッチ以外もあるよーって。
だってその広場では雄一無二のものですから。
 
例えば、
・「Crape」という看板の色を変える
・お店の前まで来たお客さんにサンドウィッチ以外のメニューを見せてみる
などなど。
 
これがわかると、お客さんは増えるんじゃないかなーって。
私はラオスのサンドウィッチにちょっと飽きていたので、
見つけたときに「お?」となりました。
でも近づかないとわからなかった。
 
 
差別化することができると売り上げも変わってくる。
そう思いました。
 
でも、ずっとそうしてきて、
まわりもそうしているから、
きっと知らないんだろうなあって。そう思う。
 
 
どうやったら知ってもらえるのかな。
難しいな。
 
でも知っちゃったら
今のラオスの良さはなくなる気がする。
そんなことを思うのでした。
 
 
次は④番から書いていきます~