ちきスタイル

旅で使えるコスメや節約について書いています。旅中だってかわいくいたい!

意外に快適な26時間のバス旅

※※現在地はベトナムホーチミン!※※

 
 
2016/06/27~28
 
この日はラオスを去って、
ベトナムハノイへ向かう日。
 
このビエンチャンからハノイという経路の
詳細が調べてもなかなか出てこなかったので、
詳しく書いておこうと思います。
 
 
 
ハノイからビエンチャンの経路はたくさん情報出てます!
ご安心を。
 
 
起きて朝ごはんいただいて
チェックアウト。
最後の最後まで受け付けの女の子が
「おはよー」って言ってくれたり
楽しませてくれるゲストハウスでした!
本当にオススメです。
→Backpackers Garden Hostel
(Booking.comに載ってます~)

f:id:ayc345c:20160709133811j:image

 
バスは夕方なので、それまで時間つぶし。
共有スペースでだらだらしてたら
フランス人のジェレミーと仲よくなる。
日本大好きらしくて、もののけ姫口ずさみながら近づいてきた(ちょっとビビった)
ラオスの後、中国や韓国を経由して日本に入るそうな。
しかもフェリーで福岡に、、、その経路うらやましい、、、
 
京都大好きらしいのでいつか案内する約束もした。
絶対来てね~~
 
 
そして、17時って聞いてたけど、16時半頃、
ピックアップのおにーさんが来たので
再度受付の女の子とお別れ。
 
ちなみにピックアップ付きで180000キープ。
約2500円。この値段が最安かと思われます。
ほかの旅行会社は200000~220000キープだったので・・・。
 

あともう1点。

ルアンパバーンハノイ

330000キープとかだったので、

ビエンチャンからのほうが安いです。

ラオスからベトナムへ行かれる方は

ビエンチャンから向かうことをお勧めします!

 

 

続き。
 
そしてバスターミナルに向かうのかと思いきや、
明日チケットの会社の前で停まる。
おにーさんタバコ吸い始める。
まじかよーと思いつつ、まあここ東南アジアやし、
とも思いつつ、気長に待つ。
 
20分くらいすると車変えるよーと言われたので
乗用車に乗り換え。
すると欧米人のおねーさんが2人乗ってきた。
おねーさん待ってたのね。
 
そして無事に出発~。
40分くらいでバスターミナル到着。
このとき18時前。
 
バスに乗り込んで待つ。
バスはスリーピングバス!
2列シートの2段タイプ。
ですが、この日は人が少なく、
1人で悠々と2列を使えました。
むしろ10人くらいしか乗ってないから、
全員広々と使えていた。

f:id:ayc345c:20160709133850j:image

最後列。
こんな感じ。
 
荷物やらも積み込んで、19時出発。
もうここからはひたすら走るのみ。
 
皆さんご存知ですが、
ラオスのバスはトイレ休憩有りません。
あっても山の中。
寝たら気にならんけど、一応事前にトイレは済ませておきましょう・・・
 
Wi-Fi表記もあるけど繋がりません~。
 
 
そして朝方。国境到着。
6時半くらいかな。
ていうか、3時頃に目が覚めた時と窓の景色が一緒だったので、
たぶんずっと待ってたんだと思われる。
おっちゃんめっちゃ飛ばすやん・・・
 
7時に国境が開くのを待って、ラオス出国。
同じくバスも出国検査があるのでそれを待ちます。
ここにトイレがあるので行っときましょう!!!
2000キープです。
 
このときバスの下に預けていたバックパックは
1回自分で持たなければなりません。
バスの検査のために空にしないといけないので。
 
そして人用のゲートがあるのでそこを通ります。
パスポートを見せなければいけないです。
そこをくぐればバス乗り場です。
 
そしてバスの検査も終わって乗り込んで、
ベトナム側の国境へ。

怒られそうでこわかったので、
写真はなし。笑
 
降りて入国検査。
ラオス人と他の外国人は窓口が別みたいです。
ラオス人の後ろに並んでたら
「あっち行ってー」と言われたので。
 
そして有名ですが、
ここは賄賂が必要です。1ドル。
ラオス入国の時とかの1ドルは手数料やと思うけど、
ここベトナム入国は純粋に賄賂やと思います。
だって、「1ドル出したらスタンプ押すよ」って
はっきり言われたし。
 
たかが1ドルかもしれんけどね。
ちりも積もれば山となる。
すごい金額なんやろーなー。
 
 
そうして無事にスタンプを押してもらい、
軽く荷物検査。
検査官見てないけどね!!!
 
ここでもバスの検査を待ちます。
 
検査が終わって乗れるのかと思いきや、
バス乗り場はもう少し先らしく、
歩きます。
人用のゲートみたいなものがあるので
そこでパスポート見せて通ります。
ここはラオス人も外国人も同じです。
 
なんやかんや長い&私のバスは最後の方だったので、
けっきょく出発したのは9時半頃でした。
 
なんだかベトナムに入ってから雰囲気が一気に変わったな、
というのが第一印象です。
みんな制服もキチッと着こなしていて
検査も厳しくて。
ちょっと緊張した入国検査でした。
 
あとあと、不安ならば
同じバスの人にこっそり付いていくのが確実かと思われます。
特徴のあるベトナム人もしくはラオス人が確実です。
 
私はラオス人の、めっちゃ手塚治虫に似ているおっちゃんと
金髪の派手な服のおねーさんがいたので、
その2人を目印にしてました。
ありがとう(勝手にやけど)
 
 
あと、よくベトナムの入国は出国のチケットが必要と言われますが、
陸路はいりません~何も言われません~。
でも空路でも入国の際は言われないみたいですね。
結構適当だなベトナム

f:id:ayc345c:20160709134155j:image

ベトナム入ってから至る所に国旗を見る。
 

 
話を戻します。
そしてここからは進むのみ。
・・・ですが、私が不安だったのはここからです。
ハノイが最終目的地なのか?
途中で降りなければいけないのか?
到着のバスターミナルはどこなのか?
(調べたら候補が2つあった)
何時頃到着するのか?
などなど・・・不安まみれ。笑
 
なので入国が終わって、昼以降、
しばらくは寝るまいと決めていた。
 
山の中を進んで街中に出て、
途中でお昼休憩があります。
12時頃。
 
食堂のようなところですが、高い・・・
ヌードルが7万ドンとか。300円くらい。
普通は4万ドンくらい。
 
なのでひもじく安いパンをむしゃむしゃ・・・
あとは宿までのタクシー代が
どれだけかかるかわからなかったので、
なるべくお金を残しときたくて。
 
そして13時頃再出発。
ここでなぜかあの欧米人のおねーさん2人が降りてゆきます。
あれ・・・あの2人ハノイって言ってたのに・・・
ここで不安がピークに達します。笑
 
そして途中で何人か降りたり、
また新しく乗ってきたり。
なんやかんや気が付けば満員。
それでも全員1人で2列使える余裕あり。
 
そうして人がまばらになった17時頃。
乗務員のおにーさんが「ハノイ?」と。
「イェスイェスイェス!!ハノイ・・・( ;∀;)」
と言うと、
ハノイは最後だからたぶん18時くらいだよ」って。
もうここで一気に不安なくなりました。ありがとう。
 
ちなみに17時頃割と大きな街を通ります。
Big C(よくあるスーパー)が見えるので目印に。
 
そうして19時頃。
バスステーションに到着。

Nouc Ngam Station
そんな感じの名前のバスステーションです。
ハノイ駅から車で15分くらいのところ。

 
Giap Bus Station の場合もあるみたいですね!
ここはハノイ駅まで車で5分くらい?
 
 
降りたらタクシーの客引きがいっぱいきますが、
全力で無視で!!!
ぜーんぶぼったくりの白タクです。
 
それを調べて知ってた私は
とりあえずバスターミナルを出て、
目星をつけていたMai Linh タクシーという
緑のタクシーを探す。
 
そしたらちょうどバスステーションから
出てきたマイリンタクシーが!!!
タクシー会社名・電話番号・メーターの有無・
ドライバーが制服を着用しているか、
を確認して乗り込む。
結果的にはハノイ駅まで20分くらい。
(道がめっちゃ混んでた)
11万6千ドン。
約530円くらいかな。
 
(あとでタクシーの選び方の記事をあげますね。)
 
このタクシーのおっちゃん。
このタクシーを選んでよかった、
ほんとにそう思えるくらい親切なおっちゃん。
私が日本人ってわかると
翻訳アプリ使って会話してくれて、
何回も「マイリンタクシーは絶対安全だよ」
って声をかけてくれて、
何回も「ちゃんとハノイ駅に行くからね」
って言ってくれて。
ベトナムは初めて?」「1人で来たの?」
って私の話も聞いてくれて。
 
アプリの翻訳がうまいこといかへんくて
難しいときもあったけど、
その心づかいがうれしかった。
 
ベトナムはぼったくられる」「タクシーは危ない」
って聞いてて散々ビビってたけど、
このおっちゃんのおかげですっかり
イメージが変わりました。
ありがとう。
もしかしたらイメージ変えるために
このおっちゃんと出会ったんかなーって、
そう思っちゃうくらい!
 
無事にハノイ駅ついて、
最後に手出してくれて握手してばいばい!
ちらっと振り返ると私が角を曲がるまで
見送ってくれてました。
ほんとにほんとにありがとう!
 
そして歩いて、予約していたEZ STAY HANOIに到着!
久しぶりの日本人宿でそわそわ。

しかしここでたくさんの出会いがあります。

f:id:ayc345c:20160709134536j:image

f:id:ayc345c:20160709134441j:image

 
これは次の記事で!
 
以上、移動記録でした。
参考になりますよーに!