とりあえず行くことにした。

23歳の春、有り金握りしめて世界一周へ。やりたいことできるって証明したくて。

日本のご飯はスカスカだ

※※現在はペナン島3日目。追いついたー!※※

 

追いついたので考え事~

 

最近、というか一時帰国して、

「日本のご飯はスカスカや」と思いました。

 

東南アジアは屋台が多いです。

安いので、1食200円以下、屋台でほとんど食べます。

 

f:id:ayc345c:20160605192110j:image

 

 

f:id:ayc345c:20160605192206j:image 

屋台、熱気がすごい。

すごいスピードで作り上げて、人も絶えなくて、どんどんさばいて行って。

味もおいしい。衛生面に不安はあるけれど、まだおなか壊したことはないです。

 

なんか、生きてくために働いてるんやろうなあって。

毎日必死で生きてくために作るから、

こんなにエネルギーの詰まったごはんが作れるんろうなあって。

そのせいか、日本を出てから全然間食せえへんくなった。

1回ご飯食べるとしばらくおなか減らへん。

 

 

対して、日本はどうなんやろうって。

わたしあんまりおなかいっぱい~みたいになることが少なくて。

ただの消費行動というか。とりあえず食べるみたいな。

流れ作業、そんな感じになってる人が多い気がする。もちろん私も。

 

あと飲食業ってめちゃネガティブなイメージじゃないですか。

超ブラック、働きたくない〜みたいな。

たぶん、その感情がごはんにも入っちゃって、買った人食べる人にも伝わっちゃってると思う。

心の中で思ってることって、口に出さなくても何かしらで伝わっちゃうから。

 

あと、香港もマレーシアもセブンイレブンがめーっちゃある。

基本は飲み物とかパンとか、お菓子とかインスタントとか。

日本のコンビニのおにぎり&日用品ないバージョンみたいな、そんな感じ。笑

 

もちろん海外進出してることと、

現地にあわせた商品考えて実際に売れてるって、すごいと思う。

店舗数、半端じゃない。その出店準備とかも大変やろうし。

 

でも、現地の人がたくさん利用してるの見て悲しくなった。

せっかくエネルギー詰まったごはんがあるのにいいの?って。

みんなどんどんそっちを利用して、日本みたいなごはんの食べ方になるんじゃないかって。

なんだかもったいない気がした。

 

なくならないでほしいなあ。

あと人とご飯食べるって大事。

 

ご飯も生活の一部やから、丁寧にしたいなあ。( ´ ω`)

 

このクレープみたいなんおいしかった。( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:ayc345c:20160605192420j:image